« 久しぶりに紀の善の抹茶ババロア | トップページ | オーメン2 »

2007年9月11日 (火)

オーメン

090911_omen1976年作品『オーメン』

オカルトの名作、オーメン。
実は未見だ。
観るチャンスはあったが、どうせ観るならジックリと時間のある時に吟味したいと思っていた。
(こういう未見作品が結構多いな‥‥)

感想としては、実に面白かった。
怖い怖いと聞いてはいたが、流石にオカルト映画の金字塔だけあって、ただ怖いだけではなくシッカリと作り込まれた脚本と展開。
3部作ではなく、純粋に1本の作品としても見事にまとまっていた。

悪による魅了。
使徒の登場。
覚醒のはじまり。
出生の謎。
神への裏切りの発覚。
完全なる覚醒。

30年経った今もなお、見応えのある作品であった。

|

« 久しぶりに紀の善の抹茶ババロア | トップページ | オーメン2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159255/16418335

この記事へのトラックバック一覧です: オーメン:

« 久しぶりに紀の善の抹茶ババロア | トップページ | オーメン2 »