2009年11月16日 (月)

モネの睡蓮で絵画に開眼

091112_mone_suiren今回の箱根旅行で最大の収穫は油絵の魅力に気付けたこと。
ポーラ美術館で出会った3作品のお陰だろう。

最も感動したのがモネの睡蓮。
この絵の前から数十分離れられなかった。
この絵からは物凄い空気感を感じた。
写真やポスターでは味わえない本物の迫力とはこういうものなのかもしれない。
気紛れで訪れたポーラ美術館で大きな収穫を得られた。
その後も何度もこの前に立ち、合計で1時間ほどは見続けていただろう。
レプリカまで欲しくなったが、6万円ということと、当たり前ではあるが本物で感じた迫力が全くなかったことが残念で、家に飾っても物足りなさを感じるのが目に見えたので購入は諦めた。
どうしても欲しくなったらポスターを額に入れて我慢しよう。それでも物足りなければレプリカを買うしかないだろう。

091112_mone_suiren2その他にはモネの睡蓮の池とルノアールのレースの帽子の少女。
睡蓮の池は睡蓮ほどの感動はなかったが、それでも十分な魅力を感じた。
その空気感も絶大。
モネの作品は、その絶大な空気感に大きな魅力を感じた。
091112_renoirレースの帽子の少女はそのふくよかな髪と服の質感、そして腕の柔らかさに魅力を感じた。
そして青い瞳の美しさ。
近くで見ると綺麗な碧。
少し離れるとその碧が魅力的な色合いを際立たせる。
これが本物の魅力なのだろう。
こちらも良いポスターが見つかれば飾ってみるのも良いだろう。

さあ、せっかく絵画に目覚めたのだから、今後は都内の美術館を巡ってみたいと思う。
これでまた新しい感覚が目覚めることを楽しみにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

調布花火大会

090718_hanabi17月18日、調布の花火大会に行って来た。
この規模の花火大会に現地まで行くのは何年ぶりだろうか。
かなり以前に隅田川の花火大会に行って以来だ。

090718_hanabi2どうせ行くなら、有料席でも良いから、ゆっくり座って最初から最後まで楽しめるようにとチケットを探す。
ネットで探してみると、有料席情報はすぐに見つかる。
少し高額かとも思ったが、ここは思い切ってテーブル席を購入。

090718_hanabi3当日は道路規制で布田駅からしか歩けない。
仕方がないので、開始1時間前に布田駅から歩く。
駅前からの道は通行止めになっていたので歩くのに苦労はなかったが、もとより現地まで遠いのに加えて人の多さもあり、現地に到着するまで30分もかかった。

090718_hanabi4ようやく現地に到着し、食べ物と飲み物をテーブルに広げ、ワインを空けて一息。
少し飲み始めるとちょうど花火も始まる。

これは絶景。

090718_hanabi5真上に上がる花火の大きさと、全身に響く花火の爆発音は、臨場感満点。
この雰囲気が味わえるのであれば、有料席の値段を払う価値はある。
来年も日程が合えば行きたいものだ。

しかし、ここまでオリンピック招致アピールされるとは。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

鉄道博物館

090105_tetsu1念願の鉄道博物館にようやく訪れることができた。
神田にあった頃はちょくちょく行っていたのだが、移転後の混雑具合がネックでなかなか行く気になれなかった。
ちょうど開館から一年が経過した正月明けすぐの平日ならと狙ってみて、ズバリ正解だった。
思ったほどの混雑もなく、ゆっくりと全てを見て回ることができた。
(シミュレータとミニ列車運転だけは物凄い混雑のため却下)

090105_tetsu2転車台に載せられたC57はピカピカで、汽笛を鳴らして転車台も回転して見せてくれた。
そして奥には0系新幹線の勇姿が。
もう引退したことを考えると、ここでしか会えないのが残念だ。
しかし鼻先の消された「交通博物館」の文字が、かつての神田での展示時を思い起こされる。
他にもたくさんの車両が観られたことが嬉しく、特にEF66は感動だった。

090105_tetsu3せっかくなので駅弁を買って車両内で食べたが、駅弁の種類は少なく、この鉄博弁当はハッキリ言ってハズレでお薦めできない。
入り口脇のレストランで食べられる「食堂車のビーフシチュー」にしておけば良かった。

HOゲージのジオラマは壮観。
神田にあった頃より更にグレードアップしていて、見応え十分。
時間があればジックリとレイアウトを見渡したかったが、10分程度での入れ替え制のため、それが叶わなかったのが残念だ。

また行きたいところだが、片道2時間という道程と混雑具合を考えると、また当分は様子見で行かないことになりそうだ。
次は施設が更に拡張して、そのほとぼりが冷めた頃か。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

クラシックのある生活~のだめカンタービレ~

070803_nodame今日はCDを買ってきた。
のだめカンタービレのクラシック集。

先日、フジ子ヘミングのCDを購入し、ホームシアター用のスピーカーで堪能した。
まさかあのスピーカーにこれ程のクラシックの表現力があるとは気付かず、少し勿体ないことをしたと思い、今年の夏はクラシックを楽しもうと決意した。

ピアノ曲でこれだけ堪能できるというなら、交響曲ではどれだけ素晴らしい音を聞けるのか。
それを確かめるために新しいCDを探していた。
クラシックを集めたCD-BOXはいくつか発売されていた。
100曲集、200曲集、どれも良い曲ばかり集めていた。
それでもこのアルバムを選んだ最大の理由は、全曲“フルヴァージョン”だということ。
クラシック曲を聴くなら、絶対にフルヴァージョンだ。
楽曲はフルで聴かないと、その曲の魅力は完全には表現できない。
きっとこのCDを製作したプロデューサーもそう考えたはず。
それに期待してみた。

さあ、今週末は久しぶりにゆっくりできそうなので、愛馬の応援とクラシック鑑賞を堪能しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

数少ないアクセサリー

Devilman_060820レアものです。
デビルマンデザインのブレスレッド。

それほどアクセサリーを身に着ける習慣は無いが、今まで所有したブレスレッドは2点。
20歳の頃に着けていたシルバーのチェーン、そしてこのデビルマン。
まあこれは身に着けることなく、棚に大事に飾ってあるモノだが。

何故かこういったレアなアイテムが好きだ。
しかも、他人が欲しがらないようなモノが‥‥
そういえば、奥方に良く「他の人と違うモノが好みだし、似合ったりする」と言われる。
確かにそうかもしれない。
自分でも自覚するところは、“鞄が女性モノしか欲しくならない”ことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

盆の墓参り

Tama_reien_060814今日は久々に両親と一緒にお墓参り。
多磨墓地は近場ではあるが、それでも大型墓地ということで、お盆時期は周辺の道が渋滞することもある。

今日は珍しく渋滞もなく、天気も良く、絶好の墓参り日和である。
昨年以来のお参りであること、夏場の時期ということもあり、雑草の育ちが良すぎて、掃除が大変であった。
それでも綺麗になったお墓周りを見ると気持ちが和むものだ。

このところ途切れがちであったし、秋にはまたお参りに来るとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

ZIPPOつながり その2

Zippo_060713さて、2つのZIPPOを紹介したということで、最後に『ミレニアムEDITION』。
確かこれも2000年を記念して製造された限定バージョンだったと思う。
ぶらいあんが天文好きということもあり、このZIPPOを入手した訳だが、パッケージといい本体のデザインといい、満足のいく出来栄えだ。

他にも幾つかのZIPPOがあったはずだが、見つからないということで、ZIPPOネタはこれまでとしておこう。
まあ最近はタバコを吸わなくなったこともあり、ZIPPOを探しに行くこともなくなったので、新作を見つけていないのもあるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ZIPPOつながり

Zippo_060710昨日は天野喜孝の記念ZIPPOを紹介した。
ということで、今日はZIPPOつながり。
やはり本棚から出てきたZIPPOの紹介。

ZIPPO2000年記念限定ライター

たぶん、そんな感じの記念ZIPPOだと思われる。
思われるとは随分と適当だが、それも致し方ない。
箱には何の説明もなく、中にも資料らしきものがない。
まあ、これも多分見る人が見れば値打ちがあるのかもしれない。
天野喜孝記念ZIPPOには敵わないと思うが。
写真も撮ったことなので、また本棚の肥やしとしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

値打ちもの?

Amano_zippo_060709本棚を整理していたら、懐かしい品が出てきた。

数年前に上野で開催された『天野喜孝 展』で購入した、FF記念ZIPPOだ。

購入価格は忘れたが、割と良い値だった記憶がある。
もちろん未使用だ。
以前から天野ファンだったこともあり、リトグラフを購入しようかと悩んだ時期もあったが、そこまでお金をかけるのは止めて、このZIPPOで満足を得た。
もう既にタバコを止めて二年。
ZIPPOを集める趣味もあったが、記念に取ってあるZIPPOを使用する日は来ないだろう。
このまま未使用で本棚に飾っておきたい逸品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ダ・ヴィンチ・コード

Dc_novel_060613『ダ・ヴィンチ・コード』を読み始めた。
もともと本を読むのは好きな方だが、“本の虫”というほど沢山の本を読む方ではない。
読みたくなったら、小説でも学術書でも、ジャンルに関係なく読む。
それでも普段はTVドラマ、ゲーム、競馬と多趣味すぎるが故に、読書だけに没頭するという機会は少ない。
しかし、それでも本を読むこと自体は好きだ。

映画の放映が始まり、ランキング上位に人気されているが、人によっては「2時間で表現できる内容ではない」という意見を聞く。
それならば映画で見る前に小説で読みたいと思った。
思ったら即読みましょう。
ということで、早速買って読み始めた。

久々に読む活字は心地良い。
まあ、ゆっくり読み進めて楽しむとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧