2011年9月 6日 (火)

幸運のシンボル? ドクターイエロー発見!

110906_dryellow新大阪駅で幸運に出会う。

N700系ドクターイエロー。

10日に1往復だけ走っているらしいと最近聞いたが、普通に生活している場合は出会う機会は非常に希だと思われる。
だからこそ、実際に遭遇すること事態が物凄く幸運だと言われている。
(まあ鉄だけかもしれないが(笑)

きっと宝くじかWIN5が当たるはず(w
いや、今年の出資馬からG1馬がでるのかも♪

初Dr.Yellowでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

富士山に登ることになったので靴を探してみた

110731_merrell来月、富士山に登ることになったので、靴を探しに行った。
富士山は初めて。
学生の頃は望遠鏡とカメラを担いで、2000m級の山は登っていたが、本格的な登山はしたことがない。

初めてということで行きつけのABCマートの店長さんにいろいろと相談。
会社の人からはホーキンスの3980で十分だと聞いていたが、店長が富士山登りの経験者ということで、当然良い靴を勧められた。
いろいろ履いて歩かせてもらったが、最終的にはやはり高い靴に決まってしまった。
まあ脚が痛くなっては仕方ないので、この選択が正しいだろう。

あとは靴以外の必要なものをビクトリアで購入しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

オグリキャップ一周忌法要&除幕式のために北海道旅行へ

110703_ogu_1オグリキャップ一周忌法要&除幕式のために北海道へ。

以前はカートレインでオグリに会いにサイノスで行ったが、十数年ぶりの今回はフェリーに乗ってプリウスでオグリの一周忌法要へ。
フェリーはバストイレ付きのデラックスルームが取れたので、よく揺れる以外はとても快適。

110703_ogu_2まずは札幌周辺を観光し、3日に優駿スタリオンステーションへ。
一周忌法要は馬頭観音のお経で執り行われた。
実際に見た墓石はとても立派で、綺麗に花で飾られていた。

110703_ogu_3除幕式の司会は鈴木淑子さん。
出席者は小栗さんや稲葉さん、その他にJRAのお偉いさんや代議士の方々。
一般参列者も300人近く出席。
銅像は等身大で、このサイズの銅像は世界でもオグリだけらしい。
白く輝き躍動感のあるその姿は見事なほどの完成度だ。

110703_ogu_4銅像の脇の碑にはオグリの血統と戦歴が彫られ、裏側には寄付者名簿となっていた。
嬉しいことに少額しか寄付できなかったが、自分の名前が彫り込まれていたのに感動。
ここにずっと名が刻まれ続けるかと思うと、感慨深いものがある。

110703_ogu_5翌日は旭山動物園へ。
生憎の雨模様のため、哺乳動物は雨宿りで奥に引っ込んでいたが、目的のアザラシとシロクマは元気一杯出迎えてくれた。
動物園の造りは噂通りの素晴らしさで、動物観察を存分に楽しめた。

110703_ogu_6最終日はノーザンホースパークと社台スタリオンステーションへ。

ノーザンホースパークではいろんなお土産を見て、懐かしい馬たちにも出会えた。
そして、一口出資者としてはいろんな勝負服の人形が列んでいるのが圧巻だった。
それと、フサイチペガサスの黄金像が眩しかった(w

110703_ogu_7社台スタリオンステーションでは、ディープをはじめたくさんの名馬に会えた。
ディープはエサばっかり食べていたが、たまに顔を上げては目を合わせてくれた。
特に印象に残ったのはクロフネがエサを食べていたのを止めて、顔を出して応えてくれたこと。
それと歩き回っていたマンハッタンカフェが黒光りしていてサンデーサイレンスと瓜二つと言われていることが実感できたこと。

まあそんなこんなで楽しい旅行だった。      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

今年の桜が咲き始める

110403_sakuraようやく暖かくなり、近所の公園の桜が咲き始めた。
毎年、この見事な桜を楽しめることが嬉しい限りだ。
ようやく咲き始め、今週末には8分咲き、来週前半には満開になりそうだ。
今週末はリビングから花見でワインでも。
来週前半は仕事から帰ってから夜桜でビールでも楽しもう。

しかし蕾の一部が咲き始めるこの頃は、写真も美しく見える。
この咲き始めが一番好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

鴨川シーワールドで1歳になったアースくん、館山で栗毛のマロンちゃんに乗馬

101204_seaworld半年ぶりに鴨川シーワールドへ。
アースくんも1歳になって、少しだけ芸を覚え始めていた。
他のシャチも前回とは違って2頭同時に左右対称の演技ができるようになっていた。
次回にはどんな芸が増えているか楽しみだ。

101205_joba_2そして半年ぶり3回目の乗馬。
今回は狭い馬場だが初めから一人で乗り、後半には早足で走ることができた。
しかし早足は歩きと比べて随分と難しい。
何度バランスを崩して落ちそうになったか。
馬を走らせられる人を尊敬してしまう。
次回はもう少し上手く乗れるようになってみたいものだ。

しかし動物とのふれ合いはは本当に良い。
随分と心が洗われたものだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

2度目の乗馬は広い馬場で楽しく

100620_joba3年ぶりに乗馬。
前回は狭い円形の馬場で周回するだけだったが、今回はインストラクターの粋な計らい(?)で広い馬場で自由に乗せてもらえた。

好きに乗っていて良いということで早足まではいかなかったが、それでも自由に歩かせることができたので満足。
最初は少しバカにしていたようにからかい気味だったサブロウ(キタサンの引退馬だそうで)も、乗り出すと素直に言う事を聞いてくれる良い子で、楽しく乗馬を楽しませてくれた。

また会いに来なければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャチのアースくんに会いにシーワールドへ

100619_seaworld久しぶりにシャチに会いに鴨川シーワールドへ。
やはりここに来るとシャチしか目に入らない。
ショーの前から水槽にかぶりついて見ていると、時の経つのも忘れてしまうほどだ。
なお、この直後にシャチからしこたま水をかけられて、海水でビショ濡れになるというアクシデントもあり、それも何故か嬉しいのが物好きというところか。

100619_earth昨年産まれたばかりで1歳のアースくん。
近くまで来て「キューキュー」と話しかけてくれる。なんという至福。
もうこれだけで会いに来た甲斐があったというもの。
可愛くて堪らない。

またそのうち会いに来なくては。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

初藤森神社参拝

100522_fujinomoriこの土曜に初めて藤森神社に行って来た。
阪神競馬場にはポピーのチューリップで行ったが、京都競馬場は行ったことがなかった。
今回はホローの初オープン挑戦ということで、思い切って現地応援に踏み切った。

100522_ema2せっかくの京都行きということで、以前から参拝してみたかった藤森神社に行って来た。
ラミネート入りの勝馬御守と金色の勝馬御守をいただき、絵馬に願いを書いて納めた。

100522_hollowホローの昇竜Sは残念ながら初の叩き合いに敗れたが、この経験が将来の糧になると信じて次に期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

モネの睡蓮で絵画に開眼

091112_mone_suiren今回の箱根旅行で最大の収穫は油絵の魅力に気付けたこと。
ポーラ美術館で出会った3作品のお陰だろう。

最も感動したのがモネの睡蓮。
この絵の前から数十分離れられなかった。
この絵からは物凄い空気感を感じた。
写真やポスターでは味わえない本物の迫力とはこういうものなのかもしれない。
気紛れで訪れたポーラ美術館で大きな収穫を得られた。
その後も何度もこの前に立ち、合計で1時間ほどは見続けていただろう。
レプリカまで欲しくなったが、6万円ということと、当たり前ではあるが本物で感じた迫力が全くなかったことが残念で、家に飾っても物足りなさを感じるのが目に見えたので購入は諦めた。
どうしても欲しくなったらポスターを額に入れて我慢しよう。それでも物足りなければレプリカを買うしかないだろう。

091112_mone_suiren2その他にはモネの睡蓮の池とルノアールのレースの帽子の少女。
睡蓮の池は睡蓮ほどの感動はなかったが、それでも十分な魅力を感じた。
その空気感も絶大。
モネの作品は、その絶大な空気感に大きな魅力を感じた。
091112_renoirレースの帽子の少女はそのふくよかな髪と服の質感、そして腕の柔らかさに魅力を感じた。
そして青い瞳の美しさ。
近くで見ると綺麗な碧。
少し離れるとその碧が魅力的な色合いを際立たせる。
これが本物の魅力なのだろう。
こちらも良いポスターが見つかれば飾ってみるのも良いだろう。

さあ、せっかく絵画に目覚めたのだから、今後は都内の美術館を巡ってみたいと思う。
これでまた新しい感覚が目覚めることを楽しみにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根はいつも霧の中

091112_hakone数年ぶりに箱根へ。
しかし箱根の天気とは相性が悪いようで、今までの数回に続き今回も霧で富士山の姿を見ることは叶わず。
まあ3日間雨予報も、現地ではほとんど雨に降られず、やはり晴れ男パワーは健在のようだ。

今回は箱根フリーパスは利用せず愛車で全て移動。
PSPナビがあると便利なもので、安心して移動ができる。
残念なことに、既に無くなっている道路が登録されていたようで、一度その罠にはまってしまったが今回は大目に見よう。

今回の目的はグルメ旅。
箱根湯本のはつ花の自然薯そば。そばそのものは風味が足りなくて残念だったが、自然薯を美味しくいただけてなかなか満足。
強羅の田むら銀かつ亭の豆腐かつ煮。これは絶品。30分ほど列んだが、列んで食べるだけの価値有り。次回も訪問したいお店だ。
箱根湯本の直吉の湯葉丼。これは無し。湯葉は美味しいが出汁は濃いしご飯は固すぎでボソボソ。物凄い行列だったが評判ほどには感じられなかった。
宮ノ下の渡辺ベーカリーのシチューパン。これは美味しかった。パン自体が美味しいのに加え、シチューがまた美味しい。また食べたい一品だ。

今回は食が中心の旅行で随分と満足な旅となった。
でも次の機会こそは富士山を見てみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧