2009年4月26日 (日)

プロジェクター世代交代:VW10→VW80

090424_vw80本日、めでたく亀2号が到着。
ものすごい出費で痛手は大きかったが、どうせ導入するならば購入可能な最高級機でないと納得いかない。
馬の出資を当分控えて、VW80を思い切って購入した。
愛機VW10HT(亀1号)は記念に列べて飾っておくことにした。

さて、ファーストインプレッションだが、とんでもないスペックを実感した。
なんといっても黒の階調が素晴らしい。
いままでであれば黒が潰れて見づらいシーンでも、しっかりと濃淡が表現されている。
それでいて画像は眩しいほど明るい。
部屋が多少明るくても画面はしっかり見え、地上波などを見ると目を細めるくらいだ。
しかも、現在の設定はスタンダードのカスタマイズで、デフォルトのシネマモードよりも暗い設定。
一時期はパナのAE3000と悩んだが、専用のシアタールームの特性を考えてVW80を選択したのは大正解だったようだ。
倍速フルHD液晶の威力も抜群で、調整がはまれば残像やブレも低減でき、VW10との差を嫌と云うほど味わうことができた。

今日はとりあえず何本かチェックに映像を流したが、週末はまったりと映画鑑賞に浸ることができそうだ。
また明日にはHD映像チェックディスクが届く予定なので、更に画質の追い込みも試してみたい。

さあ、またプライベートシアターライフを充実させよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

サクラ満開、でもちょっとブル~

090405_sakura素晴らしい桜風景。
引っ越して丸一年、今年も桜の季節がやってきた。
リビングから窓を眺めれば、一杯に広がる一面の桜模様。
今年も行楽に行かずに我が家で桜を満喫した。

しかし残念なことに桜以外は少しよろしくない。
プロジェクターが故障のためSONYのSSに入院中‥‥
しかももしかすると買い換えの危険性もあり。
買い換えるとすると、SONYのVW80だが、これだと75万。
社台の馬が一頭買えてしまうほど高額だ。
どうしたものか‥‥できれば安く修理が終了して無事に帰ってくることを祈ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

久しぶりにドラマの話でも

このところ触れていなかったので、久しぶりに最近のドラマの話でも。

今クールで一番は「魔王」。
純粋に楽しい。
大野くんの演技はそれほど悪くはなかったし、設定といい脚本といい良く作っている。
どんなラストで締めてくれるのか楽しみだ。
良心と復讐、愛に揺れる複雑な葛藤をどう表現できるか、大野くんの成長に期待しよう。
次いで「コード・ブルー」。
まあガッキーが出てるからちょっと甘めだが。
「ゴンゾー」も良い意味で期待を裏切って面白い。
本仮屋ユイカもどんどんキレイになってるし、演技も上手くなっているし、今後も期待できそうだ。

前クールでは「CHANGE」とWOWOWの「パンドラ」。
「CHANGE」はテンポも良く脚本もシッカリしていたし、政治のことをきちんと考えさせてくれる、本当によいドラマだった。
最終回の木村拓哉の長セリフのシーンは、内容もさることながら彼の真剣度も良く伝わってきて、ちょっと見直すほど見事だった。
そして深津さんはどんどん素晴らしい役者になっている。
「パンドラ」は三上の神演技が光った。
脚本も設定も役者たちも素晴らしかった。
本当に最近のWOWOWは侮れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

野島伸司『薔薇のない花屋』

080304_rose久しぶりにドラマの話を。

もちろん毎クール10本前後のドラマを観続けている。
今クールも変わらず観ているが、久しぶりに夢中になっている作品が登場。

『薔薇のない花屋』
野島伸司が久しぶりに彼らしい脚本を提供し、飽きることのない見事な展開で夢中にさせてくれる。
流石は野島伸司だ。
そう思わせてくれる作品だ。
三上博史は出演していないが、それでも十分に魅力的だ。
もう我慢できずに書き込んでしまった。

今週の展開も楽しませてもらったが、唯一気になったのがラストの展開。
名もなき戦士との再会。
野島節炸裂は良いのだが、頼むから“雫への愛情”だけは嘘にしないでくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

大人計画 ドブの輝き

070908_dobu2007年 舞台 大人計画『ドブの輝き』

今日は映画ではなく舞台を鑑賞。
大人計画の『ドブの輝き』だ。
出演する役者はほとんど観たことのある有名な人ばかり。
チケット入手が非常に困難だと言われている舞台だけに、物凄い期待を胸に抱いていた。

結果は物凄く微妙だった。
確かに面白いが、下ネタ&際どい内容。
さすがに観ていて、ここまでやって大丈夫かとも思い、時には不快感まで憶えるほど。
まあそういう脚本もあるのだろう。

舞台といえば、最近は全く行くことはないが、以前は何度かSETを観に行った。
個人的にはSETの方が合っているのかもしれない。
久しぶりに観たくなったが、WOWOWで放映してくれないだろうか‥‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

デスノート

070902_deathnote2007年作品『DEATH NOTE』

原作は全て読んだ。
テレビアニメも全て観た。
(しかもDVDで保存した)
その上で観て、まあダイジェスト的には良くまとまっていた。
それ以上でなかったのが少し残念だが、仕方がないことか。
まあそれでも映像のクオリティはしっかり作り込んでいたのは良かった。
それ故に感想は特になし。

しかし最初と最後だけ追加されていて、リューク視点からのディレクターズカットと銘打つのはどうしたものか‥‥
ちょっと期待してしまった分残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

『パパとムスメの7日間』という幸せ

070703_gakkyいよいよ待ちに待ったドラマが始まった。
『パパとムスメの7日間』。
もちろんガッキーを見るためだ。
当然ハイビジョン録画でBDに永久保存予定だ。

初回を観た感想は、「思ったよりも面白い」だ。
ドラマとしても十分楽しめるし、ガッキーの出演シーンは釘付けだ。
翌日から仕事という現実に戻る時間ながらも、それ以上にこの時間が来るのが楽しみで仕方がないことになりそうだ。

また、今月10日からは『マイボス★マイヒーロー』の再放送が待っている。
良いタイミングなので、こちらも永久保存に録っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

プロポーズ大作戦

070626_yousei久々にドラマについてつらつらと。

昨日、最終回を迎えた月9「プロポーズ大作戦」。
久しぶりの三上博史出演ということで期待していたが、これが期待以上の出来の良さだった。
今期のドラマでは最上、いやここ最近のドラマでもトップ近辺の出来だった。

メインの役者は決してぶらいあんの好みではないが、脚本と演出が宜しい。
展開は見えるものの、期待を裏切らない程度にイライラと切なさを表現してくれた。
脚本家はキャリアは浅いようだが、それでも満足のいく本だった。

今回は保存対象としなかったが、再放送の機会が有ればBDに取り置きしても良いかも知れない。
久々の良作だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

ブルーレイディスクを購入してみる

070418_bdブルーレイディスクのメディアを初めて購入した。
BDレコーダーがPanasonic製のため、メディアもパナでと考えていたが、単品売りの製品しかなかったために、他メーカーよりも単価が高く購入を控えていた。

今日、仕事で秋葉原に行った際にヨドバシアキバに寄ってみると、ネットでチェックしていた5枚パックが販売開始されていた。
ヨドバシの割には単価がネット価格を下回る検討ぶり。
それでも高額なことに変わりはないが、来月のスターウォーズ6作も控えているということで早速購入してきた。

ここ2週で録り貯めた映画を何本か試しにムーブしてみたが、思ったよりもダビング時間早かった。
今日はREに焼いてみたが、来週あたりには一度Rも焼いてみたいものだ。

さあ、これでHDDの容量も少し確保できたので、来週の録画が間に合うと良いのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

ホームシアターがハイビジョンで復活!

070408_hometheater先週末に購入したBDレコーダーの導入より、我が家のホームシアターがめでたく復活。
これでWOWOWで録り貯めた映画をハイビジョン画質で楽しむことができる。

ハイビジョン信号をプロジェクターに入力する方法とAACデコードの罠にはまり、今日はゆっくりと映画鑑賞をするには至らなかったが、とりあえず全てのセッティングと配線は完了した。
これで今週末は映画三昧で過ごせそうだ。

確認のためにサンプルとして地デジCXの競馬中継を映してみた。
あまりの映像の美しさに感動すらおぼえた。
まるで競馬場で、ゲート脇に立って馬を見渡しているようだ。
プロジェクターで競馬中継を見て、馬券を楽しむのも有りかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧